ご案内

白山を源流とする手取川は、これまで多くの人たちの暮らしに水の恵みを与えてきました。
しかし、近年の地球温暖化や里山の荒廃などにともない、地域で大切に守ってきた水環境や涵養力が損なわれる恐れがあり、
対策が急がれています。
この問題に対し、手取川流域では、地域の水を守るための研究や活動が行われており、今回の座談会では、「水」をキーワードとする
地域の身近な話題を通じて、みなさんの保全活動や体制づくりのきっかけになればと考えています。

私たちが日頃あまり意識することのない身近な水環境について、専門の先生方に質問・討論できる機会です。
ご興味のある方はどなたでもお気軽にご参加ください。

プログラム

午後2:00~2:10 | あいさつ(美川自然人クラブ)、事業紹介

午後2:10~3:45 | 座談会

手取川扇状地の地下水はどこからやってくるのか?

土原 健雄農村工学研究所主任研究員

最新の分析手法によって、手取川扇状地の地表水、地下水、湧水の流れを調べる研究に取り組んでおり、扇状地でなぜ湧水が生じるのか、扇状地の地下水はどこからやってくるのか、などについてわかりやすくお話します。

白山からもたらされる多くの恵み

早瀬 吉雄石川県立大学教授

普段あまり意識されていないが、私たちの生活は白山から多くの恵みを受けています。今回は「人・くらし・生き物」との関わりが深い水の役割についてわかりやすくお話します。

会場

石川ルーツ交流館

〒929-0215 石川県白山市美川南町ヌ138-1
Tel 076-278-7111

※お車の方は、本館入り口正面に駐車場がございます。